何をすべきかを考える

投稿者: | 2019-01-05

自分のやってることに疑問を感じまくってしょうがないので整理することにした

ふりだしに戻る

自分がやってることに疑問を感じてしまったとき、あなたは振り返る場所があるだろうか
振り返ったあと、今やってることは正しいと自分を信じて また元の場所に戻ってこれるだろうか

何でやってるんだっけ? の答えが見つからないなら 一度ふりだしに戻ろう

今やってることは正しい、と思えなくなったなら、一度立ち止まろう

ふりだしとは、前に自分がいた場所に戻るわけではない。
新しいスタート地点に立つこと。

不安定な道を歩き続けるのではなく、しっかりと自分は前に進んでいると感じられる道を歩けるように、自分が今どこにいてどこに進んでいるのかを確認するために、ふりだしに戻るのは悪いことじゃない

整理の仕方

闇雲にやってうまくいくこともあるが、成功することよりも失敗することの方が多い

失敗するには理由がある
その理由は何かを把握するためには、何をやろうとしてどう判断し、どう実行したかを辿れないと難しい

物事を順序立てて考えていくには、システム開発のプロジェクトが参考になる

No工程やること
1企画①目的(やりたいこと)を決める
②何故その目的を達成したいのかを整理する
③達成するための手段を考える
④目的を達成するための期間・時期を決める
2要件定義①目的達成するために必要なリソース(費用・作業量等)を算出する
②目的を達成するための手段を決める
③目的を達成するための期間・時期を決める
3設計①目的を達成するための手段を具体化する
4製造①目的を達成するための手段を実行する
5検証①実行結果を確認する
②目的の達成状況が期待通りか確認する
③期待通りに達成できる・より早く達成できる手段がないか考える
④変更案を実行する

やることは何でもよい。どんなことでも使える工程になっている

次回より、実例を踏まえ物事の進め方を紹介していこうと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA